2011年大山王国ニュースフラッシュ

2011年12月30日

朝陽(レイライン)の中の鴨。中海の朝、一瞬の風景です。
2011年12月28日

日本海(美保湾)には、青い空をバックにこんなダイナミックな雲が浮かぶ。
2011年12月26日

金色に輝く大山の頂。夕陽のスポットライトが当たる瞬間は特別。まさに、ゴールデンサミット。
2011年12月23日

何気ない里山。日野川の源流地域・日南町の初冬風景。
2011年12月21日

スルメイカの“冬暖簾(のれん)” 陽光を浴びると眩しい。格好の被写体に。
2011年12月19日

寒波襲来。大山中腹の赤松の森は雪に覆われ、独特なモノトーンワールド。
2011年12月16日

サクサクッ。サクサクッ。実に気持ちのいい落ち葉の道。
2011年12月14日

小春日和の夕景。米子湾越しの雪の大山。爽やかな風景ですね。
2011年12月12日

今シーズン一番の寒波で、大山は雪に包まれました。大山寺地区では50センチを超えるようなプチ大雪。
2011年12月05日

コハクチョウの楽園。安来市の能義平野。
2011年12月09日

見事に全ての葉を落とした奥大山・木谷のブナの森。
2011年12月07日

花回廊のクリスマスイルミネーション。ちょっと変わった位置からのショット。
2011年12月02日

米子港の夜明け。“サンライズ大山”とでも名付けたい風景。
2011年11月29日

真っ赤に燃えた大山山麓の楓。碧い空を背景にするとその“赤”が浮かび上がる。
2011年11月28日

大山北壁の雪景色。アーリーウインターの始まり。
2011年11月24日

米子市街地の夕景。暗くなり始めた米子城跡からのショット。
2011年11月21日

名残りサルビア。晩秋となり、真っ赤に燃えたサルビアもそろそろ終幕に。
2011年11月18日

南部町法勝寺の某所に建つ風雅な建物。茶室だろうか・・・。
2011年11月16日

柿の花が咲いているようだ。枯れ木に沢山の灯(あかり)が取り付けられているようでも。
2011年11月14日

晩秋の紅みを帯びた大山。上空の青い空に温泉マークのような面白いカタチの雲。
2011年11月10日

大山の紅葉。ちょっと前の中腹の錦絵。これが次第に降りてきています。
2011年11月08日

中海の夕暮れ風景。秋が深まり、茜色も次第に深くなってきた。
2011年11月04日

花回廊・菊のトピアリーと紅葉で紅い衣装を羽織る大山
2011年10月31日

風をキャッチして水面を滑走するカイトサーフィン。日野川河口の風景。
2011年10月28日

里の稲刈りはほぼ終わりました。里のあちこちに稲はで(稲干し)を見かけます。
2011年10月26日

大山の紅葉がいい感じに。夕日のスポットライトが当たると“紅”が強調される。
2011年10月24日

白鳥のシルエットが眩しい。そう感じる秋の錦海(中海/米子湾)。
2011年10月19日

大山の紅葉がすすんできました。上部は見頃。次第に麓に。
2011年10月17日

松江開府400年祭のクライマックスのひとつ「鼕(どう)行列」。豪快な音、沁みる。
2011年10月13日

真っ赤に咲いた、と表現したいくらい鮮やかなナナカマドの鈴なりの実。
2011年10月11日

花回廊は秋色一色。暖色系の花が増えてきましたが、少々クールな白とピンクのコスモスも。
2011年10月07日

夕暮れの湊山公園・親水護岸がダンシングステージとなっていました。
2011年10月05日

稲刈りを待つ金色に輝く稲穂達。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
2011年10月03日

秋の夕焼け。西伯耆を代表する山、越敷山中腹から望む風景。
2011年09月30日

見慣れない山容でにわかに大山とは信じられないかもしれませんが、これも大山。
2011年09月28日

台風一過で秋晴れが続き、連日にわたり大山が姿を現しています。
2011年09月26日

爽やかな秋晴れ!意東海岸には平和な風景。真東に望む大山は最もバランスのとれた姿。
2011年09月22日

きのこの季節がやって来ました。米子城山にもカワイイきのこが。
2011年09月20日

大山の麓・御来屋港の風景。漁船の向こうは隠岐の島。
2011年09月16日

夕日で紅く染まる台風12号の忘れ物。弓ヶ浜の海岸風景。
2011年09月12日

まるで真夏の空模様になった昨日の大山。白雲のカタチが印象的。
2011年09月09日

中海の夕焼け。金色に輝く夕景の中には独特なカタチをしたシルエットが印象的。
2011年09月07日

久しぶりの快晴で、麓からも大山がくっきりその姿を現しました。
2011年09月05日

大河の様相になった日野川の河口付近。台風12号の影響で経験のない大雨で。
2011年09月02日

知る人ぞ知る・・・白砂青松の弓ヶ浜(三柳地区)散策路。
2011年08月31日

蝉の合唱もそろそろフィナーレ。夕暮れ時の米子・湊山の晩夏の音風景。
2011年08月26日

青の深い色合いが印象的な蝶。花から花へ休むことなく、蜜を求めてバタフライ。
2011年08月24日

夜にしか咲かない珍しい花・サガリバナが水に浮かぶ。花回廊シーン。
2011年08月22日

何気ない安来市伯太町母里の晩夏風景。勢いのある稲と赤瓦の民家・・・
2011年08月19日

米子・湊山公園のボート桟橋夕景。静かな夕暮れ時、ホッとするひととき。
2011年08月17日

雲の檻? 大山上空に真夏ならではの入道雲。少し懐かしい気分に。
2011年08月15日

大山山麓の稲もグングンと成長。輝く緑一色の中、バッタ(たぶんイナゴ)を発見。
2011年08月12日

中海(飯梨川河口)のビーチ。水もキレイで、遠浅。.水遊びにはもってこい。
2011年08月10日

中海(錦海ボートコース)で早朝トレーニングをする明治大学端艇部。
2011年08月08日

秘境と表現したい奥出雲・鬼の舌震(名勝天然記念物)の渓流。
2011年08月05日

真夏の花・ヒマワリが満開。太陽に照らされた黄色い花は、強烈な光を放つ。
2011年08月03日

美味しそうな樹の実!? 淡いピンクの色合い、いい感じ。
2011年08月01日

復元北前船「みちのく丸」の中海帆走の勇姿。江戸時代の懐かしい記憶DNAに、スイッチオン。
2011年07月29日

サンセットに染まるビッグシップ。会議棟のガラスが美しい反射鏡。
2011年07月27日

安来市の山奥に和牛の産地。深い谷の奥、人通りの少ない地域の一画、平和なふるさとの風景。
2011年07月25日

山陰道・安来付近から望む大山。見事な山容です。まるで宇宙の中心仏。
2011年07月22日

森の遊歩道でバッタ(キリギリス?)に遭遇。カメラを持って歩くと、美しい風景、珍しい風景に敏感に。
2011年07月20日

白い夕焼け。そう表現したいくらいシャープな色合いの西の空と錦海。
2011年07月18日

第31回全日本トライアスロン皆生大会のスタート風景。紺碧の日本海・美保湾に向かって。
2011年07月15日

島根半島某所から望む隠岐の島(島前:どうぜん)。かげろうのように浮かぶ島影。
2011年07月13日

青、白、黄、そして縁取る緑・・・真夏でしか出会うことのできない色合い。花回廊にありました。
2011年07月11日

積乱雲が幾重にも重なり、米子上空にホワイトモンスターが出現。
2011年07月08日

カエル王国第2弾。現在はオタマジャクシの池。もう少ししたら、カエルの大合唱。
2011年07月06日

錦海に反射する光が強烈で、周りのすべてのものがシルエット(影絵)に。
2011年07月04日

小さな池で見つけた大きなカエル。オタマジャクシも無数。さながらカエルの王国。」
2011年07月01日

夕陽に輝く米子城址の石垣。『夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」
2011年06月29日

皆生海岸には規則的なうねり。オフショアになり、波の状態がキレイ!
2011年06月27日

大山山麓にジャガイモの花の咲く季節。広い開拓地に無数の白い(薄紫)花。
2011年06月24日

ワイルドストロベリーが真っ赤な夏色に。
2011年06月22日

広い風景が広がる蒜山(ひるぜん)高原自転車道・パノラマルート。
2011年06月20日

梅雨に咲く花・アジサイが見事な輝きを放つ季節がやってきた。
2011年06月17日

錦公園の水鏡。梅雨の雨上がりだからこそ見ることのできるシーン。
2011年06月15日

花回廊にユリの季節到来。活緑色の森を背景に鮮やかな色合の花弁が見事。
2011年06月13日

雨に煙る皆生の海。と、表現したいですが、実際は波もなくクリアな海。
2011年06月10日

米子・弓ヶ浜ビーチの夕暮れ風景。“麦秋”と重なりあうような風景。
2011年06月10日

木橋のある風景。安来市街地のなにげない夕景。
2011年06月06日

皆生海岸の夕空の中に、モーターハングライダーのシルエットが浮かぶ。
2011年06月03日

梅雨の合間の夕陽。やわらかな錦の海が米子城址の目前に。
2011年05月31日

大雨で濁流渦巻く日野川。清流が迫力満点のワイルドリバーに。
2011年05月30日

山麓の某所でアナグマ発見。丸々と太った愛嬌のある姿に一瞬でファンに。
2011年05月27日

新緑の森。真上を見ると、フレッシュグリーンとスカイブルーの“リフレッシング コントラスト”
2011年05月27日

あの山の向こうには何かがありそうだ。そんな想いが湧いてきます。
2011年05月23日

山上の水田(ライステラス)。水面が鏡になり、周辺の山々を映す。美しい。
2011年05月20日

何気ない日野川の流れと河岸の眩しいほどに輝く新緑。透き通る気分に。
2011年05月18日

この季節、夕方になると錦公園に出かけたくなります。さながらサンセットドラマ専用シアター。
2011年05月16日

花の丘(花回廊)に咲くアイスランドポピー。鮮やかな色合いの花が満開。
2011年05月13日

天真名井の水車。軸を覆う“苔”が実にいい感じ。緑が眩しい。
2011年05月09日

旅心がくすぐられるレール。すっかり新緑に囲まれ、さながら緑のトンネル。
2011年05月06日

日本で最も新しい釈迦如来像。「上淀白鳳の丘展示館に原寸大(高さ3.8m)で再現。
2011年05月02日

中海に浮かぶ小さな抹茶色の孤島。人も近づくことのないほとんど存在を忘れられた島。
2011年04月30日

大型連休初日の29日はすっきりした空が広がり、大山も全容を見せる。
2011年04月27日

米子・弓ヶ浜公園の春の夕景。巨大な昆虫のオブジェなどちょっと非日常の風景。これがなかなかイイ。
2011年04月25日

金色に煌く海、濃淡のある影絵のような特徴的なかたちの山並み、木々の枝…複雑に絡み合い、見たこともないような風景。
2011年04月22日

大山に再び雪。麓の江府町からは、雲の合間から雪を被った迫力満点の南壁。
2011年04月19日

松江城山の桜ウイークもそろそろフィナーレ。桜と新緑が鏡のような堀の水面に姿を映す。
2011年04月16日

大山の上空に浮かぶ月(4月14日夕)。月齢が“10.5”のふくよかさ感じさせる形。
2011年04月13日

春の日差しの中に、小さいけれども灯りをともしているかのように咲くタンポポ。
2011年04月11日

朝もやの中海・米子湾。鏡のような海にシャープなボートが軌跡を描く。
2011年04月08日

青空をバックに見事に桜咲く。
2011年04月06日

快晴の朝。米子市内のビル街越しのストライプ大山、一際大きい。
2011年04月03日

可憐なカタクリの花が、花回廊の森に咲きだしました。チューリップも。
2011年03月31日

コブシの白い花が咲き出しました。本格的な“北国の春”到来のシグナル。
2011年03月30日

菜の花の咲く季節がやってきた。雪の大山と黄緑の花、それぞれが光源であるかのようなコントラスト。
2011年03月29日

久々の中海・米子湾の夕陽。 鏡のような水面に写る“錦”は見事。
2011年03月28日

島根半島の森の中で、春の訪れを待ちかねたように咲く花“ミツマタ”の花が満開
2011年03月25日

フキノトウの季節がやってきました。大地の滋味、ほろ苦さ…今が旬の最高の贅沢、味わってみませんか!?
2011年03月24日

大山山麓の尾高梅園では紅白の梅ほころぶ。紅白のコントラストはさすが。
2011年03月23日

サクランボ/桜桃(おうとう)の花が庭に咲きました。春は確実にやってきている。
2011年03月22日

話題の「スーパームーン」。3月19日、大山上空に昇ってきた真ん丸の月。
2011年03月18日

淡雪を被った梅の花。突然の降雪に紅梅もびっくり。
2011年03月17日

里に白梅の花がほころぶ季節となりました。ちょっと寒いですが、それだけにフレッシュ。
2011年03月16日

水路のある路地。なにない佇まい。懐かしいふるさとの風景。
2011年03月15日

日野川サイクリング。雪の大山を前方に望みながら走ることのできる絶景コース。
2011年03月14日

米子市役所の屋上にたなびく国旗の上に大きな大山の姿。不思議なまでに調和しています。
2011年03月11日

さながら日本海の魚のショーケース。カレイとノドグロとシロハタは煮付けに。
2011年03月10日

コブシの花芽が次第に膨らんできた。フォックステイルのようなフサフサ感が心地良い。
2011年03月09日

枝を伝ってきた水滴が凍りついて、“餅花”のようなオブジェを創り出す。
2011年03月08日

春のジャパンブルーを背景にした大山南壁。整いすぎて、面白くないかも。そんな感じさえする!?
2011年03月07日

ジャパンブルーの春の空をバックに、純白の雪を被ったブナの回廊。
2011年03月04日

聖地・大山への入り口でもある金門。その門の間から弓ヶ浜ビーチが美しいアールを描く。
2011年03月03日

春の陽射しに煌くピカチュウの池。回廊から見下ろした不思議風景。
2011年03月02日

冬の山陰を彩った「松葉ガニ」、フィナーレが近づくが、境港の市場はまだまだカニ一色。
2011年03月01日

雪解けが進む大山山麓の雑木林。木々の周りが丸く解け、今の時期ならでは独特の風景に。
2011年02月28日

早春の花・クロッカスが咲き始めました。雪の下でも、ちゃんと準備をしていた!?
2011年02月25日

大空に根を張って、宇宙のエネルギーを取り入れているようなブナの木々。
2011年02月24日

西側の越敷山の山麓からの大山ショット。まさに伯耆富士/出雲富士に相応しい山容。
2011年02月23日

驚愕の残雪。大山・大神山神社奥宮の神門はすっぽり雪に包まれていました。
2011年02月22日

母子像がやわらかな光に包まれる純白の大山を見つめる風景。幼子にどんな物語を話すのだろう?
2011年02月21日

綺麗に圧雪・整備されたピステ。朝にしか出逢うことのできない雪のウェイブ。
2011年02月18日

ボリューム満点の雪庇。ふくよかで、温かなイメージ。雪の創りだす造形は面白い!
2011年02月17日

日が暮れた後、米子からは大山・桝水スキー場のナイター目前。感覚的には米子シティースキー場。
2011年02月16日

鋭角の山稜、凍てついた壁面、いかにも厳冬を感じさせられる大山・三鈷峰。
2011年02月15日

絶えることのない大山の湧水。厳冬期も、とうとうと清冽な天然水が湧き出す。
2011年02月14日

大山寺の旧宿坊・田舎家の囲炉裏。炭の火、温かい。人の和、温かい。
2011年02月10日

万作の花が花回廊で咲き出しました。春の到来を待って、一気に咲く。
2011年02月09日

豪円山の斜面。雪の起伏〜雪波が独特な風景を創っています。
2011年02月08日

待望の蝋梅(ロウバイ)が花回廊で咲き始め。梅見月、いよいよ本番です。
2011年02月07日

大山の7合目付近から山頂にかけての望遠ショット。冬山登山を楽しむクライマーが蟻のよう。
2011年02月04日

まさに大きな山・大山。今年初の快晴の下、全容を現す。
2011年02月03日

今年初めて全容を見せた大山。スッキリした山容に気分もスッキリ!
2011年02月02日

大山山頂付近のショット。ここはさすがに急斜面。エクストリームな世界です。
2011年01月31日

大山スキー場の望遠ショット。久しぶりに米子市内から全容を臨むことができました。
2011年02月01日

梅見月とも表現される2月/如月がやってきました。開花が遅れた蝋梅もそろそろ咲く!?
2011年01月28日

山陰海岸(石見)冬景色。線路の真下が海岸線といったところも。まさに“海岸鉄道”。
2011年01月26日

なにやら楽しそうなスキー場。初めてスキーを楽しむ子供達のためのリンク。
2011年01月25日

雪の花回廊に大きな雪だるま。愛嬌のある笑顔でお客様を迎えています。
2011年01月24日

大山パークウェイの雪回廊。2mを超える積雪の中、路面は乾燥。不思議な道。
2011年01月21日

奥日野の雪景色。JR伯備線の列車からのショット。“寒さ”と“温もり”を感じる風景。
2011年01月20日

ユリの館からのぞむ雪景色。艶やかな原色とモノトーンの世界が不思議な空間。
2011年01月19日

雪の弓ヶ浜半島。珍しい白い半島風景を上空からのぞむことができました。
2011年01月18日

大雪が一段落した朝。大山の山麓に、北国のような道風景がありました。
2011年01月17日

東京ドームで開催の「ふるさと祭り〜全国ご当地どんぶり選手権」。隠岐海士の「寒シマメ漬け丼」が目立つ!
2011年01月14日

雪の森に不思議なオブジェ。天に向かって45度。何かを発射する!?
2011年01月13日

厳冬の大山・宝珠の森の巨大ブナ。無数の枝が天に、宇宙に根を張っている。
2011年01月12日

初めてのスキーレース。ハの字に開いて高速でターン。力強い子どもスキーイング。
2011年01月11日

蒜山三座の雪風景。久々の青空は新鮮。雪も青く染まっている!?
2011年01月07日

回廊から見おろした花の谷の雪風景。凍った池のカタチが面白い。ピカチュウ?
2011年01月07日

今年の初大山。伯耆町長者原の台地から臨む朝の姿。鈍い銀色の光を発しているよう。
2011年01月05日

出雲の大社のいつもの正月風景。錦の衣装をまとった番内さんが人気者に。
2011年01月04日

豪雪の年明け。市内は車の通行が困難で、徒歩の街に。車のない時代にタイムスリップしたような気分。


お問い合わせ
※事務処理軽減のため、お問い合わせはフォームにてお願いいたします。
※大山登山に関するお問い合わせは;大山町観光案内所へ直接お問い合わせください。


大山王国[NPO法人大山中海観光推進機構]大山オフィス
〒689-4105 鳥取県西伯郡伯耆町久古1484-1