大山桝水高原(ますみずこうげん)

読み込み中
天空リフト 頂からの絶景
大山桝水高原天空リフト 頂からの絶景
グリーンフィールド 大山桝水高原
もうすぐ頂 振り向けばパノラマの絶景
まさに天空リフト 雲海の上をいく
大山紅葉と高原のマスコット
大山に舞う桜吹雪
夏のお楽しみ サマーナイターリフト
冬はゲレンデ仕様 大山桝水高原スキー場
冠雪の大山を上がる
風になびくすすき
冠雪の大山をいく
とっとりバーガーの聖地に 名物・大山バーガー
地元に伝わる伝統食 大山おこわ

山陰の富士だからこそ名づけられた別名
“伯耆富士”にふさわしい美しい山容美

まずは、桝水高原のある大山西側のロケーションから。
大山の総体積は120キロ立方メートルを超えると言われ、そのすそ野は弥山を中心に円錐状に広がっています。
南壁、北壁の険しい表情とは対照的に、桝水高原を中心とする西側斜面は比較的なだらかで、火山の面影を残して美しく、やさしいフォルムを構築。大山の名は、別名“伯耆富士”。その名前にピッタリと当てはまる場所こそ、この西側の山容ではないでしょうか。
すそ野付近には、桝水高原などの草原が広がり、スキー場やキャンプ場としても利用。緩やかな傾斜を利用したレジャーフィールドに加え、高原の大放牧場やご当地ブランドの素材を栽培する田畑などにも活用されています。

大山西側の裾野に位置。
山の頂を背景に、なだらかな丘陵が続く「桝水高原」は、春から秋にかけては「大山 桝水高原観光リフト」、そして冬は「大山 桝水高原スキー場」として活用されるなど、四季を通じてアクティブに高原リゾートを楽しめるネイチャーポイントに。地元民憩いの場として人気を集めています。

まずは、春から秋にかけてのグリーンシーズン。しばしの空中散歩が楽しめる「大山 桝水高原観光リフト」から。
冬場、スキーで利用されるリフトが観光リフトに様変わり、専用シートに張り替え、高原の斜面を登り、みなさんを頂へとエスコート。絶景へとナビゲートしてくれます。頂の展望台からは、下界に広がる市街地の風景をはじめ、日本海、弓ヶ浜半島、島根半島のパノラマを一望。米粒サイズに小さくなった建物を見て、改めて自然の偉大さ、そして大山が持つスケールの大きさを実感できることでしょう。

桝水地蔵尊の名水

高原散策のひと休み
名水ゴクッ、の幸せな時間

桝水高原の下、道路沿いに建つ名水ポイント「桝水地蔵尊の名水」。滾々と湧き出る水は、雨水が大山で百年近くかけ、ろ過されたというピュアな名水。
地名の「桝水」(真清水「ましみず」)はこの名水にまつわる古事から命名。この場所には、悲しい伝説も残されているのです。

桝水高原スキー場

冬は桝水高原スキー場として大人気に

駐車場すぐ目の前。ゲレンデまで徒歩0分の好アクセスが自慢。しかも駐車料金が2007年シーズンから無料に。
コースはフラットで初心者、ファミリーゲレンデとしてオススメ。

詳しくはコチラ「桝水高原スキー場ゲレンデガイド」をご覧下さい。

高原のご当地グルメ


昨年のバーガーフェスタで大ブレイク
販売店:大山桝水フィールドステーション

高原前、山里に伝わる素朴な田舎おこわ
販売店:まつおか食堂/山我庵

■基本情報

所在地鳥取県西伯郡伯耆町大内桝水高原1069-50
TEL0859-52-2228
営業日【桝水高原天空リフト】9:00〜17:00※8月の土曜日はサマーナイト営業として9:00〜20:30運行※冬季休業
定休日【桝水高原天空リフト】火曜日(祝日の場合は翌日)
料金【桝水高原天空リフト】大人/片道500円、往復700円 小学生/片道400円、往復600円
URLhttp://www.masumizu.net/
駐車場あり(無料)
備考

■Google Map




お問い合わせ
※事務処理軽減のため、お問い合わせはフォームにてお願いいたします。
※大山登山に関するお問い合わせは;大山町観光案内所へ直接お問い合わせください。


大山王国[NPO法人大山中海観光推進機構]大山オフィス
〒689-4105 鳥取県西伯郡伯耆町久古1484-1