9/23-9/25 大山王国ニュースフラッシュ

大山と相似形の山並みが安来・能義平野にありました。
このあたりには標高の低い里山が連なっています。場所によっては、こんな大山のカタチに似た里山も。ここは大山の真西。ということで、秋分のこの時期は山頂から太陽が昇る“ダイヤモンド大山”に出来ます。
古代、広大で豊かな大地がひろがる能義平野と周辺地域は山陰の中心地でしたが、現在もその環境を確認することが出来ます。この大地の恵みが出雲神話の源泉であったことは間違いないでしょうね。
_____________________________________________

今日のキーワード:「2千の灯 幻想松江城 水燈路」「水木ロード夜間入り込み10万人」「戦国尼子フェスティバル」「北京で植田正治写真展開幕」「ダイヤモンド大山 母塚山」「第25回全国山城サミット」「増谷麟記念 海とみなとの映画祭」

9/23
1)2千の灯 幻想松江城 水燈路始まる 過去最大規模となる約2千個のあんどんで照らす 天守や復元された武家屋敷もライトアップ 今年で16回目 10月31日まで、毎日午後6時〜同9時点灯(山中)・・・・・いよいよ始まりました。市民のプライド醸成とともに、観光(宿泊)需要の平準化を狙った“イベント”。成功事例としてサンプルになり得るレベル。ちなみに、関わってきた照明デザイナーは、光の魔術師と呼ばれる内原智史氏です。
https://www.suitouro.jp/

2)J3・ガイナーレ鳥取 3試合ぶり白星 F東京U−23と対戦し4−2 暫定ながら5位に上がる レオナルドが2得点(全)・・・・・積極的攻守で躍動。見出しも。記者も躍る。
https://www.gainare.co.jp/

3)境港・水木ロード夜間入り込み10万人 妖怪も繰り出し祝う かに汁、夜市にぎやかに 妖怪のラッピングバスが並び、鬼太郎や妖怪たちの着ぐるみも登場(全)・・・・・妖怪世界全開。逃げ出したくなるほどに賑やか!?

9/24
1)月山富田城跡周辺で「戦国尼子フェスティバル」 山中鹿介をはじめ十勇士も登場 勇壮 武者行列 太鼓響かせ武者隊や鉄砲隊ら総勢380人が1.3キロ練り歩く 多彩な催し物もあり1万人の来場者でにぎわう(全)・・・・・月山富田城の存在を多面的に捉えてみたい。たたら製鉄の流通拠点だったことも解ってきましたが、通史や地政学上の視点を入れ込むことで、地域が見えてくる!?

2)北京で植田正治写真展開幕 同氏の写真展が開かれるのは中国で初めて 砂丘の上に人物や小物をオブジェのように配した代表的なシリーズの作品を含む約140点を展示 11月25日まで「三影堂撮影芸術中心」で(全)・・・・・中国、北京を代表する写真ギャラリーでの開催。間違いなく、中国人のファンが増える。大山山麓の植田正治写真美術館も中国人対応が求められることになりそうだ。 
https://www.threeshadows.cn/cn/

3)霊峰に光の冠 「ダイヤモンド大山」23日早朝、南部町の母塚山で見られた 3月と9月に見られる名所 この日、展望駐車場周辺には写真愛好家ら50人が詰めかける 午前6時15分すぎ、大山山頂の右側から顔をのぞかせる(日海)・・・・・すっかり定着したダイヤモンド。漢字で表記すれば“金剛大山”!?

9/25
1)安来・月山富田城跡 歴史舞台としても魅力 「第25回全国山城サミット」で評価 市文化ホールでパネルディスカッションや講演を通して、価値や地域活性化への活用策を探る 全国山城サミット連絡協議会には現在、全国102自治体が加盟 来年は岐阜県可児市で開催(全)・・・・・月山富田城の存在を広く知らしめる機会になりました。城跡も整備が進み、重要な集客スポットになる可能性を感じます。
https://gassantodajo.com/

2)境港で「増谷麟記念 海とみなとの映画祭」 今回は増谷と親交のあった、没後20年の黒沢監督に光を当て「天国と地獄」など黒沢作品3本を上映、約250人が訪れる 司葉子さんも思い出語る(山中)・・・・・顕彰することの重要性、後の世代が評価することになるでしょう。
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1537839068553/index.html
 

日本海新聞      http://www.nnn.co.jp/
山陰中央新報    http://www.sanin-chuo.co.jp/
朝日新聞(鳥取) http://www.asahi.com/area/tottori/
朝日新聞(島根) http://www.asahi.com/area/shimane/
読売新聞(鳥取) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/
読売新聞(島根) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/
毎日新聞(鳥取) http://mainichi.jp/area/tottori/
毎日新聞(島根) http://mainichi.jp/area/shimane/
産経新聞(鳥取) http://www.sankei.com/region/newslist/tottori-n1.html
産経新聞(島根) http://www.sankei.com/region/newslist/shimane-n1.html
NHK (鳥取) http://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/
NHK (島根) http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/
山陰放送     http://bss.jp/news/index.html
中海テレビ    http://gozura101.chukai.ne.jp/site/page/chukai/community/localnews/



お問い合わせ
※事務処理軽減のため、お問い合わせはフォームにてお願いいたします。
※大山登山に関するお問い合わせは;大山町観光案内所へ直接お問い合わせください。


大山王国 大山オフィス
〒689-4105 鳥取県西伯郡伯耆町久古1484-1