6/26-29 大山王国ニュースフラッシュ

「天地」「あめつち」「AMETUCHI」どの表現がぴったりだろう。7月1日JRの新観光列車が初発。
モチーフは古事記の記憶。神々の時代から育まれてきた山陰の“天と地の恵み”につつまれる旅へ誘うということで、ちょっとした時間旅行が楽しめることに。心地よくデザインされた外装、内装デザインは列車旅のイメージを変えるかもしれない。この列車は目的地に行くことが目的でなく、車窓から神々のふるさと山陰の風景を楽しむことが目的。そのための工夫が随所にされています。詳しくは特設サイト↓をご覧ください。写真は25日の試運転の際の米子駅到着直前の写真です。
https://sanin-tanken.jp/ametuchi
http://www.saninji.jp/dc/special/ametsuchi/
_____________________________________________

今日のキーワード:「RORO船試験輸送」「SIMカード受け取り端末」「境港妖羹」「CLT」「大山並木松」「ソウル便 週3に」「テレビアニメ ゲゲゲの鬼太郎スポンサー」「妖怪ガイドブック」「アササボンサン」「鳥取−台北に初の連続チャーター便」「天然水奥大山ブナの森工場」「松江ゴーストツアー」

6/26
1)RORO船試験輸送 境港出港 荷物積載し 敦賀ー苫小牧へ 太平洋側の地震リスクに備え、代替輸送ルートを探る岡山県の医薬品メーカーも参加 近海郵船(東京)が運航する既存航路を境港まで延伸させ(全)・・・・・重要な視点が大地震リスクへの対応。瀬戸内側は敏感になり始めている!?
http://www.kyk.co.jp/

2)観光支援のSIMカード 米子空港に受け取り端末設置 中国、台湾、香港客向け インターネット接続環境を可能に 送客事業を行う「WAazing」によるスマートフォン向けアプリサービス 居住する国で事前に無料会員登録すると日本に滞在中の15日間、インターネット通信を500メガバイトまで無料で使えるSIMカード(日海)・・・・・チャイナデジタルウェイブはアジアを席巻。当地にもその波がやってきた。
https://corp.wamazing.com/info/
https://corp.wamazing.com/news/

6/27
1)日没後の「妖怪」空から 新装・水木ロード ドローン動画(YouTube)公開 7月14日のお披露目を前にロードの特徴、魅力発信 / 「境港妖羹」もリニューアル 市観光協会が販売開始 インパクトあるデザインと上品な味わいはそのままに一回り小さくして食べやすく 松江市の老舗「風流堂」と共同開発 価格は200円安くし1200円 これまで約7200個販売する人気のお土産(山中)・・・・・「妖羹」の価格も手ごろにになり、ますます人気商品となりそうだ。
http://www.sakaiminato.net/c817/roadmap/map/pr-video1/

2)CLT事業継続へ新会社 建材製造レングス(鳥取・南部)の経営不振が続き、米子のミヨシ産業と真庭市の銘建工業が引き継ぐ 林野庁の支援で新たに約10億円の設備投資を行い、CLTの生産力を3倍程度に引き上げ 生産拡大に伴う雇傭増や定住促進も期待(山中)・・・・・あの銘建工業が関わるということで、新しい展開が開けそうだ。注目を集めるクロス・ラミネーティッド・ティンバー(Cross-Laminated-Timber)、SDGsの視点からもどんどん普及をさせたいもの。
http://www.toriton.or.jp/~cluster/cgi-bin/data/registration_b/_photo/200710271259T.pdf
http://www.meikenkogyo.com/
 
6/28
1)大山並木松復活へ 大山小児童「2代目」苗木を植樹 大山観光道路沿いの国有林に、自分たちで2年前に接ぎ木した松16本 大山並木松は大山寺の豪円が慶長年間(1596-1615)大山参りの冬場の道しるべとして植えさせたクロマツ 1965年ごろには90本あったが、松くい虫や老衰で21本に減少(日海)・・・・・”豪円並木松”と命名したらどうだろう?! メッセージを伝えたい。
http://www.daisen.jp/p/kankou/4/yamagawa/31/

2)ソウル便「週3」に減便 機材繰り影響 8月27日から1ヶ月 日・火・金曜日に運航 運休終了後や冬ダイヤは未定 県、5往復維持へ注力 今年1〜5月の平均搭乗率は70%(日海)・・・・・この搭乗率ですから、減便はもったいない。地域へも大きな影響。従来の便数を維持したいが、エアソウルの機材が少ないこともあるようで、残念。
https://flyairseoul.com/CW/ja/main.do

3)フジテレビ系列のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のスポンサーに 鳥取県 観光CMを放送 7月の5週にわたって30秒CM 地方自治体が全国ネットで放送されるアニメ番組のスポンサーになるのは全国初 CMの最後には「僕らはきっと会えるんだ 妖怪ワールド鳥取県」とアピール(日経)・・・・・JRのDCなどもあり、メディアミックスの山陰観光プロモーションが空前絶後の勢い。8月は宿泊キャパを倍にしても間に合わないような予感。
http://www.fujitv.co.jp/kitaro/

4)妖怪ガイドブック改訂 境港市観光協会 ロード改修に対応 妖怪影絵を映す夜間照明の魅力を伝えるコーナーも ガイドブックは1995年に初版を発行 妖怪スタンプラリーの台紙も兼ねるツール これまで111万部を販売し観光客の人気を集める 第19版の今回のガイドブックはA5判38ページで120円(山中)・・・・・当地のベストセラーブック。新版も大人気になりそうだ。
http://www.sakaiminato.net/

6/29
1)水木ロード ブロンズ像 新たに3体仲間入り 鬼太郎、目玉親父、ポリネシアの妖怪「アササボンサン」 総勢177体で来月新装 リニューアルに伴う増設は完了 / 14日にオープン行事 300人パレードや式典 夜間照明点灯など多彩に(全)・・・・・連日の話題提供でリニューアルに向けて盛り上がりも演出!?

2)鳥取−台北に初の連続チャーター便 今年11−12月 7往復14便、最大930人 山陰両県を訪れ紅葉スポットや主要観光地を巡る 7月末にリニューアルオープンする鳥取砂丘コナン空港の国際線化に弾み 今回は中華航空のB737−800(155人乗り)を活用 台北の旅行会社2社が企画し、台湾の観光客のみを乗せるインバウンドチャーター これとは別に11月にマンダリン航空による台中−鳥取間の相互チャーター便も最終調整中(日海)・・・・・台湾とググッとつながります。熱心な取り組みが続く。

3)サントリーの江府工場「天然水奥大山ブナの森工場」 見学者10万人突破 2008年創業開始後の延べ人数 昨年6月に見学スペースをリニューアルしてからは約2万人に倍増 鳥取県外者が8割を占める(全)・・・・・決しては便利でない場所で、この数字。驚きます。ブナの森と天然水の関係を多くの方に知っていただくことができ、よかったですね!
https://www.suntory.co.jp/factory/okudaisen/

4)小泉八雲「怪談」舞台巡るツアー 松江観光協会 7,8月限定で「松江ゴーストツアー」 松江城周辺を歩くツアーと、バスを使って寺院などを訪れるツアーの2種類(日経)・・・・・ゴーストシティ松江。子どもに体験させたい、夏の必須プログラム。
https://www.kankou-matsue.jp/


 
日本海新聞      http://www.nnn.co.jp/
山陰中央新報    http://www.sanin-chuo.co.jp/
朝日新聞(鳥取) http://www.asahi.com/area/tottori/
朝日新聞(島根) http://www.asahi.com/area/shimane/
読売新聞(鳥取) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/
読売新聞(島根) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/
毎日新聞(鳥取) http://mainichi.jp/area/tottori/
毎日新聞(島根) http://mainichi.jp/area/shimane/
産経新聞(鳥取) http://www.sankei.com/region/newslist/tottori-n1.html
産経新聞(島根) http://www.sankei.com/region/newslist/shimane-n1.html
NHK (鳥取) http://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/
NHK (島根) http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/
山陰放送     http://bss.jp/news/index.html
中海テレビ    http://gozura101.chukai.ne.jp/site/page/chukai/community/localnews/




お問い合わせ
※事務処理軽減のため、お問い合わせはフォームにてお願いいたします。
※大山登山に関するお問い合わせは;大山町観光案内所へ直接お問い合わせください。


大山王国 大山オフィス
〒689-4105 鳥取県西伯郡伯耆町久古1484-1