2/11-2/12 大山王国ニュースフラッシュ

昨日の夜明け前の米子港。放射冷却で水面が凍る珍しい朝となりました。
そんな薄氷の海を小舟が通り過ぎました。漁に行くのだろうか…。寒いけど、人の息吹を感じる朝の海にググっと心惹かれました。
朝焼けのシルエット大山はここ米子だけでなく、安来、松江、出雲から望めたことでしょう。出雲風土記(約1300年前に編纂)では大山を“火神岳”と表現していますが、これは“日(太陽)の神”の山として崇めていたからなのではないか!? ここ米子港に立つと、そんな事を思ったりします。大山はまさに(出雲の支配者にとって)、太陽神(天照大神)の山だったに違いない。その証拠に○○○だから。個人的に発見した事象がありました…。それについては、いつかどこかで披露したいと思います。なんて。


今日のキーワード:「中海・宍道湖・大山圏域 官民一体切れ目のない事業展開」「サメの線刻絵画」「松江城 城郭の頂点」

2/11
1)海外誘客推進を確認 中海・宍道湖・大山圏域市長会 4月から体制一新 新たな会長市を出雲市(長岡市長) 事務局を松江市に固定 ブロック経済協議会の会長は市長会に連動させ、出雲市の商工会議所(三吉氏)が担う 圏域各市の多様な意見を反映させながら、官民一体切れ目のない事業展開図る/ブロック経済協議会 市長会との連携強化「人口維持に不可欠な仕事の確保、産業集積には山陰に拠点が必要。行政には県境があり、経済界の後押しが必要。」と古瀬会長 大山開山1300年、松江・不昧公没後200年に当たる2018年に、全国商工会議所観光振興大会を6商工会議所合同で誘致する方針も決める(全)・・・・・実に心強い取り組み。この圏域がひとつの塊になって動くことで、山陰全体が元気になることに。
http://www.nakaumi.jp/

2)大山は大きな資源、ポテンシャルがある 開山1300年 島根側も評価 中海・宍道湖・大山圏域市長会とブロック経済協議会が合同勉強会 「あらためて大山と出雲地域の関わりを認識した。観光振興やインバウンドに取り組みたい」と出雲商工会議所三吉会頭(日海)・・・・・大山と出雲がつながる。歴史的な日になったかもしれない。

3)香港メディア近く招致 定期便就航へ戦略会合 鳥取県 香港乗り継ぎ可能なタイや中国本土、マカオも新たな市場と捉えて県内誘客に力を入れる方針確認 岡山空港は週7往復が就航で「岡山イン、米子アウト」といった運賃設定を香港空港に働きかける(日海)・・・・・したたかな戦略がぶつかり合うことに。是非ウインウインの関係を築きたいもの。

4)弥生銅剣鋳造後にサメの線刻絵画 海の畏怖 表現か 鳥取県立博物館所蔵の安富コレクションから発見 鋳造後に絵を施した青銅器が確認されたのは国内初 “重要な発見” 盛んだった海上交易 来歴解明も課題(全)・・・・・海にまつわる祭祀用? 県史編纂事業の一環で、奈良文化財研究所に委託して調べていたということ。宝物がまだまだ眠っていそうだ!?
https://www.youtube.com/watch?v=6C_IA_C19rI

5)境港 15年度貨物量3.5%増の373万8110トン コンテナ貨物量は過去最高の2万3463本 貿易相手国の順位はベトナム、インドネシア、中国、カナダ、マレーシアの順 ベトナムは木材チップの輸入増により大幅な伸び(日海)・・・・・やはり王子製紙のチップが多そうですね。ベトナムとは意外!?

4)玉造温泉 湯量不足の懸念 第一泉源老朽化で供給減 利用客増(日帰り入湯客が増え)も要因 地元関係者「第3」の泉源開発を求める声が高まる(山中)・・・・・適度な入り込みのほうが、良さそうな…。なんて。少々の制限、バランス…総合的な判断力が求められる。

 
2/12
1)松江城「城郭の頂点」 松江で国宝記念シンポ 天守や松江開府の祖・堀尾吉晴の魅力語る 城好きタレントの堀口茉純さん、藤岡大拙さんら 奈良大の千田学長は「松江城は宍道湖などの地の利を生かして、城下町全体で守りを徹底。加えて、当時最先端だった「織豊系城郭」の英知を凝縮し、“城の頂点”の姿」と絶賛 シンポは島根県と松江市でつくる実行委員会が主催 580人が聴講(山中)・・・・・“絶賛”とは凄い。当分、国宝絡みの動きが続きそう。
http://www.pref.shimane.lg.jp/life/bunka/bunkazai/event/kokuhou/kinensinpo.data/matsuejo_0211.pdf

2)町営ケーブルテレビ「大山チャンネル」注目 ご当地ネタ満載 「超ローカルな番組」づくり 住民の心つかむ 東京に本社を置く「アマゾンラテルナ」に町が番組制作を委託 同社社員が町に移り住み、住民と一体になってご当地ネタ満載の番組制作(山中)・・・・・“超ローカル”というのはイイ。きっとそれが、グローバルに反転することもある!?
http://www.daisen.jp/p/1/10/2/14/6/


日本海新聞      http://www.nnn.co.jp/
山陰中央新報    http://www.sanin-chuo.co.jp/
朝日新聞(鳥取) http://www.asahi.com/area/tottori/
朝日新聞(島根) http://www.asahi.com/area/shimane/
読売新聞(鳥取) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/
読売新聞(島根) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/
毎日新聞(鳥取) http://mainichi.jp/area/tottori/
毎日新聞(島根) http://mainichi.jp/area/shimane/
産経新聞(鳥取) http://www.sankei.com/region/newslist/tottori-n1.html
産経新聞(島根) http://www.sankei.com/region/newslist/shimane-n1.html
NHK (鳥取) http://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/
NHK (島根) http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/
山陰放送     http://bss.jp/news/index.html
中海テレビ    http://gozura101.chukai.ne.jp/site/page/chukai/community/localnews/



お問い合わせ
※事務処理軽減のため、お問い合わせはフォームにてお願いいたします。
※大山登山に関するお問い合わせは;大山町観光案内所へ直接お問い合わせください。


大山王国[NPO法人大山中海観光推進機構]大山オフィス
〒689-4105 鳥取県西伯郡伯耆町久古1484-1