1/28-1/30 大山王国ニュースフラッシュ

大山ウェストフェース。冬の青い空をバックに白銀が輝く。1月30日の風景です。
桝水高原から山頂を狙った望遠ショット。大沢のV字カットはまるでカール(圏谷)のよう。
先日の寒波で一気に1mを超える積雪となりましたが、その後は気温が上がり雨も降ったため地肌が顔を出すところも出てきました。そうなると凹凸がはっきりすることもあって、カール状の谷が迫力満点に。さながらスイスアルプスの風景のよう。 桝水高原スキー場から目前で見ることはできますが、望遠レンズ(望遠鏡)で覗くと風景が全く違います。是非、望遠鏡をもってお出かけください。
(※カールとは日本語で圏谷(けんこく)。氷河の侵食作用によってできた広い椀状の谷)


今日のキーワード:「山陰いいもの探県フェア」「水木しげるさんしのぶ会」「ワカメ収穫」「松江城31.1%増の49万人」「鳥取県内ふるさと納税34億円」「大山環状道路社会実験」「香港空港 週2往復」「メガソーラーさらに2つ」「まちづくり会社『さんどう』」「大山隠岐国立公園指定80年 2月1日」

1/28
1)山陰探県 魅力発見 大阪環状線エリアで「山陰いいもの探県フェア」 JR西日本が立ち上げた「山陰いいもの探県隊」が初めての取り組み 参加飲食店68店が趣向を凝らしたメニューを提供 各駅ではポスターを掲示し、フリーペーパーを配布 環状線福島駅近くの「鉄板焼きとワイン ココロ」では鳥取県産の地鶏と島根県産ノドグロを使ったメニュー提供「大山から日本海につながる自然の連環で育てられた鳥取の食材は魅力。大阪でも人気ある。」と 同フェアは3月末まで行われる(日海)・・・・・大阪でムーブメントをおこせ! なにしろ、大阪でのミネラルウオーター(店売り)のシュアは大山がNO1ですから。サントリー(天然水奥大山)、コカコーラ(いろはす、森の水だより)など。大山と日本海の水の連環をコメントされるとは感激!
https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/01/page_8142.html
http://sanin-tanken.jp/

2)水木しげるさん「しのぶ会」 3月8日 誕生日に境港市文化ホールで開催 式典やメモリアルの映像の上映 パネル展示 水木さんにゆかりのある著名人らによる座談会など計画 功績を振り返る 1月31日に都内で開かれる「お別れの会」に合わせ水木しげる記念館に献花台を設ける(全)・・・・・あらためて“げげげ”の存在を確認。“見えんけどおる”このメッセージが響きます。
http://mizuki.sakaiminato.net/

3)養殖ワカメ「いい出来」 島根県内(松江市美保関町七類など)で収穫が始まる 寒風が吹き荒れる海で漁師が収穫作業に追われる 3月末頃まで続く(山中)・・・・・島根半島の“ワカメ”は文化だ! 神代の時代からの当地の大切な食文化であることは間違いない。

4)15年島根県内観光24施設 入り込み客0.4%減 612万人 松江城31.1%増の49万1956人 松江堀川めぐりが7.5%増 由志園3.2%増 出雲、大田は減(山中)・・・・・傾向がはっきりわかります。中海・宍道湖圏域の“磁力”は本物。

5)鳥取県内 昨年のふるさと納税 総額34億円(59.7%増) 寄付額最高 トップは米子市7.3億円(4万6560件)続いて、倉吉市5.9億円(2万8270件)、鳥取市3.5億円(1万8756件)、境港市3億円(2万5373件) 県への寄付額は3.6億円(1万4528件)(日海)・・・・・大きな大きな数字となりました。さながら“ふるさと通販”といった感じです。お礼の品の傾向を分析すると、求められるものが明らかになります。そのあたりの細かい情報が欲しいですね。ちなみに米子の場合、多くは“大山ブランド”の食品のようだ。

6)鳥取県西部寒波被害 7万5千戸 水道影響 寒波による水道の出水不良などが続き水が出にくくなる 米子、境港、日吉津で水配布 淀江ゆめ温泉は28〜31日に温泉を無料開放 安来市では旧広瀬町を中心に約1900世帯が断水継続 自衛隊が給水活動続ける(日海)・・・・・初めて経験。皆生温泉などにある日帰り温泉施設は正月を超える空前の賑わいになっているとか…。それにしても、温泉がすぐ近くにあるというのはありがたい。これも当地の絶大なる恵み。

1/29
1)境港市 美保飛行場周辺まちづくり 建設費50億円規模 年度内に基本計画 ホールや図書館など複合施設は約46億円、体育館など運動施設が約4億円 今後、防衛省の事業採択を目指す(山中)・・・・・美保基地の存在が街づくりを促進することにも!?

2)「大山いたわる日」今年も 大山マイカー規制(環状道路での社会実験)16年度秋も継続 「大山の環境を考える1日」をテーマに10月29日に実施 聞き取り調査では、渋滞が解消され「景色がゆっくり見られた」など好感を示す声が多く、7割が実験の存続を希望した シャトルバスのルート、料金など再検討へ(全)・・・・・さらにステップアップしたカタチでの取り組みになるように! 一定の規制を設けること(量から質へのシフト)は大山のブランド力を高め、観光的にもにプラスになる。ということですね!

1/30
1)米子-香港 国際定期便 就航「最短で3月27日」 香港航空 週2往復(日、水)174人乗りのエアバス機運航予定 就航時はずれる可能性あるが… 香港航空は中国4位の海南航空の子会社 日本への定期便は那覇、鹿児島、宮崎、熊本、札幌に路線を持つ(全)・・・・・一歩前へ進んだ!? 香港インバウンドそしてアウトバウンドのイメージが浮かびますね。
http://www.hongkongairlines.com/ja_JP/homepage

2)メガソーラー 鳥取県西部に相次ぐ 日照時間や優遇策呼び水 広大な遊休地に大規模太陽光発電所 大山町豊房ではカナダ企業「カナディアンソーラー」の日本法人が出力2万7千キロワットの施設(17年3月稼働目指す)、米子市淀江町(セントパインズゴルフ場跡)に京セラTCLソーラー(東京)が2万9200キロワット(18年3月稼働目指す)稼働中のどフトバンク鳥取米子ソーラーパーク(米子市)の4万2900キロワットに次いで(山中)・・・・・ソフトバンクの稼働は想定以上で、借地料として予想より300万円多い2500万円が米子市に入ったということ。どうやメガソーラーは儲かるようですね。全て完成すると県西部全体で10万キロワットを大きく超えることに。これはおおよそ4万世帯分の電気使用量に匹敵するようだ。ちなみに米子市の世帯数は6万5千世帯。

3)大山開山1300年祭に向け まちづくり会社『さんどう』設立 地域一丸で大山寺地区の参道振興へ 飲食店や宿泊施設の経営、集客宣伝、各種事業者の誘致など、まちづくりに関わる全般的な業務を担う 21日に設立 代表取締役には大山観光局の足立俊雄会長 大山寺周辺のまちづくり構想はアウトドアブランド大手のモンベル(大阪)が15年度中に内容を固め 『さんどう』が実行部隊に(山中)・・・・・この状況、英語で表現するとthe last resort―the last resource―the last shift―the final appealといったところ? 「これからが、これまでを決める」 そんなカタチにしたいもの。

4)大山隠岐国立公園指定80年 2月1日で 新たな魅力創生へ 守り生かす地域の“宝” 第千隠岐国立公園には山岳、草原、島しょう、海岸の4つの景観を含む 四季折々の季節感を楽しめる 山から川、海へと流れるミネラルは海の幸を豊かに 大山の恵みを再認識し魅力磨き再発信の年に(日海)・・・・・この恵まれた環境を、どんな言葉で伝えていけばいいのだろう。研ぎ澄まされた“メッセージ”を見つけ出したいもの。
https://www.env.go.jp/park/daisen/


日本海新聞      http://www.nnn.co.jp/
山陰中央新報    http://www.sanin-chuo.co.jp/
朝日新聞(鳥取) http://www.asahi.com/area/tottori/
朝日新聞(島根) http://www.asahi.com/area/shimane/
読売新聞(鳥取) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/
読売新聞(島根) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shimane/
毎日新聞(鳥取) http://mainichi.jp/area/tottori/
毎日新聞(島根) http://mainichi.jp/area/shimane/
産経新聞(鳥取) http://www.sankei.com/region/newslist/tottori-n1.html
産経新聞(島根) http://www.sankei.com/region/newslist/shimane-n1.html
NHK (鳥取) http://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/
NHK (島根) http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/
山陰放送     http://bss.jp/news/index.html
中海テレビ    http://gozura101.chukai.ne.jp/site/page/chukai/community/localnews/



お問い合わせ
※事務処理軽減のため、お問い合わせはフォームにてお願いいたします。
※大山登山に関するお問い合わせは;大山町観光案内所へ直接お問い合わせください。


大山王国[NPO法人大山中海観光推進機構]大山オフィス
〒689-4105 鳥取県西伯郡伯耆町久古1484-1