大山 横手道トレッキングコース(桝水→大山寺方面) 大山温泉(大山ロイヤルホテル)入浴さっぱりプラン

【2】米子駅 [発8:35]/【3】皆生温泉 [発8:52] →【13】桝水高原 [着9:39]
桝水・天空リフト 〜 展望台 〜 横手道 〜 小鳥の道 〜 圓流院(妖怪画天井) 〜 阿弥陀堂(重要文化財) 〜 僧兵コース 〜 大山寺 〜 金門 〜 大神山神社 〜 大山寺地区 〜 昼食(大山寺地区 大山そば・大山おこわ)
【11】大山寺橋・モンベル前 [発13:31] →【15】大山まきばみるくの里 [着13:43](大芝生広場・ソフトクリーム・お土産・ティータイム)
【15】大山まきばみるくの里 [発14:43] →【18】大山ロイヤルホテル [着15:05] 〜 温泉入浴
【18】大山ロイヤルホテル [発16:05] →【3】皆生温泉 [着16:36]/【2】米子駅 [着16:53]/【1】米子全日空ホテル [着16:57]

滞在時間のめやす
  • 桝水高原〜(トレッキング、昼食)〜大山寺 4h
  • みるくの里 1h
  • ロイヤルホテル(温泉) 1h


スポット・グルメ情報


南壁、北壁の険しい表情とは対照的に、桝水高原を中心とする西側斜面は“伯耆富士”の名にふさわしいなだらかなフォルムを構築。春から秋にかけては「大山 桝水高原観光リフト」、そして冬は「大山 桝水高原スキー場」として人気に

山陽方面からの大山道の主流であり、行政的には近世の大山寺と京都や比叡山を結んだ公用の道でもあったそうです。

院内の天井に飾られたゲゲゲの鬼太郎の作者としても有名な水木しげる先生作の妖怪天井画108枚は、寝転んで参拝します。

山岳信仰に帰依する修験道の修行道場として栄えた大山寺。本堂は天台宗の古刹で、昭和3年に一度焼失、同26年に再建されています。

大神山神社奥宮へと向かう、日本一長い石畳の参道を歩いていると、途中「金門」と記された分かれ道に遭遇します。ここは岩壁そのものを神門に例え御金門と呼ばれ、信仰の聖地として僧兵たちが修行に励んだ場所。

元は本坊西楽院の門で、1857年に寄進されたもの。閂が外側についているので逆門ともいわれています。

大山寺から石畳をあがると大神山神社(おおがみやまじんじゃ)奥宮があります。

南壁、北壁の険しい表情とは対照的に、桝水高原を中心とする西側斜面は“伯耆富士”の名にふさわしいなだらかなフォルムを構築。春から秋にかけては「大山 桝水高原観光リフト」、そして冬は「大山 桝水高原スキー場」として人気に

大山放牧場内にあるレジャー施設。牛舎での搾乳体験、みるく工房での乳製品作りなどの酪農体験も人気で、併設するレストランには、新鮮なミルクをたっぷり使ったフードメニューも充実しています。

[TEL]0859-68-2333
2009年12月18日

2009年11月25日



お問い合わせ
※事務処理軽減のため、お問い合わせはフォームにてお願いいたします。
※大山登山に関するお問い合わせは;大山町観光案内所へ直接お問い合わせください。


大山王国 大山オフィス
〒689-4105 鳥取県西伯郡伯耆町久古1484-1