山陰・鳥取県 米子駅から徒歩5分の場所にある総合コンベンション施設「米子コンベンションセンター BIG SHIP」
HOMEへ

平成20年度

『草月流いけばな展「ミニ支部展」『花』を楽しむ』 出展:草月会鳥取県支部

○6/26〜6/29開催

草月流は、1927年創流以来、全国には28,000名、鳥取県支部では約400名の会員が花を愛し新しい美を追求する研究や創作活動に日夜取り組んでいます。一昨年は草月流が創流80周年を迎え、当地米子市にて勅使河原 茜家元をお迎えし、記念花展を開催しました。また、今年度は県支部が統合して20年の節目に当たりますので、「ミニ支部展」を開催することにしました。

【展示内容】

・竹や木を使用した中作の出品

・季節の花を中心とした小品花の出品


草月流

草月流 草月流

草月流 草月流

草月流 

連日たくさんのお客様にご来場いただきました。

竹や季節の花材を使った展示で会場が涼しげな雰囲気でした。

『パステルアート合同展U』 出展:Healing shop Cuel

○7/1〜7/6開催

Healing Shop Cuelは、「ココロを潤し、癒す」ことにフォーカスしたヒーリングショップです。ショップでの販売の他に、パステルアートのワークショップ開催、NHK米子文化センターでの講座開講、パステル和アートインストラクターの養成講座を開催しています。また、今年3月にパステルアートの合同展を開催しました。あらゆる角度から「癒し」を提案します。

【展示内容】

・パステル和アートインストラクターやワークショップ参加者による合同展


 第2期 パステルアート合同展U パステルアート

パステルアート パステルアート

パステル パステル パステル

パステルの穏やかで温かみのあるアートと音楽がとても心地良く、
ご来場のお客様もゆっくりとした時間を過ごされていました。

『現展山陰支部小品展』 出展:現代美術家協会山陰支部

○7/8〜7/13開催

現代美術家協会(現展)は、昨年から会場を新国立美術館に変え、今年で64回展を迎えました。また、現展山陰支部展は、今年で第22回展を迎えます。

【展示内容】

・絵画、デザイン、工芸、立体(彫刻)等約30点

※「現代美術」をどのように考え、どうとらえるかを作品を通じて考えてみませんか。


現展 現展

現展 現展

現展 現展

絵画、デザイン、工芸、立体(彫刻)などの現代美術品を、
美術館とは違った雰囲気の中じっくり鑑賞していただけたのではないでしょうか?

※米子コンベンションセンター(“BIG SHIP”)は、地域の元気づくりを応援します。
米子コンベンションセンター BiG SHiP
〒683-0043 鳥取県米子市末広町294
TEL 0859-35-8111 FAX 0859-39-0700